忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CATEGORY[]
top
【2019/10/16 18:21 】

GXアニ感。
いよいよ感想も今日がラスト。
GXは最初から見てたわけじゃなくて2期からだったけど、やっぱり思うところはいっぱいあるな。


先週の続きでネオスの攻撃。
がやはりミラフォがしっかり伏せられており、その辺は予測済み。
とはいえ十代もかなりのもの、結局ネオスを蘇生してブラマジと相打ち。
むしろこの時のCガンナーでガードナーとネクロダークを落としてるのが驚異的。
まぁアニメの都合だけど;

その後は懐かしいカードが大量に。
殴り合いになった所で最強のドローカード登場。
まぁ先日のGWで同じ効果のガンスリカード使ったから吃驚はしないけど(えー
それでもこのドローは強烈過ぎ、現実だったら引きゲーの1キル助長で即禁止カード。
むしろこれがあるから、遊戯は多少無理に上級展開にいけるんだろうなぁ。

BMGを出してエッジマンを倒すも、返しのターンに攻4300のSFWと攻6300のマグマネオス。
これはさすがにきついと思ったけど、さすがはキングオブデュエリスト。
シリンダーと黒魔族復活の棺で挽回し、挙句の果てに精霊の鏡で効果を変えて神降臨。


・・・結局、多くの視聴者が予想した通り。
十代が失くしていたものはデュエルを純粋に楽しむ事。
まぁセブンスターズ、光の結社、ユベル、ダークネス・・・とても楽しめる状況じゃなくなってきてはいたけど。
明らかに1年目の純粋な十代の笑顔は減ってきてた。
それを取り戻すための遊戯とのデュエル。
決着の行方は視聴者のそれぞれの想像に委ねることに。
もちろん気になるし無印とGX両方のファンに配慮した形だろうけど、デュエルの勝ち負け以上に大事なものがあった。
友の絆を胸に、なぜか付いてきたファラオ(と大徳寺センセー)と旅を進める十代のガッチャ!がその全てを表しているように。



というわけで遊戯王GX完。
最後は賛否両論あるだろうけど、無難に終わっただろう気がする。
3年目の途中とか、けっこうグダグダでどうなるか不安だったけど終わってみればやっぱり良作。
私としては犬夜叉以来になるかな、ずっと視聴したアニメは。
もちろん5D’sも楽しみ。
でもやっぱり、ずっと見てきたものが終わっちゃうのは寂しいものがある。
思い入れがある作品だけに尚更。

拍手

PR
CATEGORY[GX]
CO[0]: TB[0]top
【2008/03/27 01:25 】

このタイトルで前回からのが何の歌詞かばれそうだ(ぁ
ちなみにその前はDIVE TO WORLD(リボOP)。


それはそうとGXアニ感。
NAS見てるから知ってたけど、今週は卒業そして遊戯登場。
丁度3年半前のGX第1話でハネクリボーを託した遊戯。
それが最後の最後で繋がる形に。


ダークネスの世界から明けて。
ついに十代たちもDAを卒業することに。
・・・ただその卒業を素直に認められない人も;
そりゃ寂しくなるわな。

剣山のグダグダの送辞とは対照的に、見事な答辞をする明日香さん。
卒業デュエルのトップ3人全員が賞品辞退したのもこの答辞にしても、十代の言った言葉や自分たちの信念が身についてるみたいだ。
にしても明日香さんの答辞のときに出た回想は懐かしい。
確かに十代は今よりずっと子供だったなぁ。

卒業パーティにもその後の集まりにも顔を見せない十代。
明日香さん曰く、十代はつむじ風みたいな神出鬼没なヤツだからだと。
つむじ風と聞いて別のキャラが思い浮かんだのは内緒だが(ぁ

その頃十代はやっぱり一人で出発しようと。
ところがハネクリボーに導かれていった先にはあの人物が。
にしてもこの時代の遊戯はずいぶんと筋肉質な(ぁ
格好といい、だいぶ王様を意識してるな(えー
精霊の不思議な力?によって、過去の時代の遊戯と対戦することに。
ブラックマジシャンやらディメンションマジックやら、まさに遊戯の戦いはやっぱり久々にみてグッと来るものが。
来週の最終回、ネオスとBマジシャンの新旧主人公モンスターが激突。
ガールやもしかしたら三幻神の出番さえ・・・。
そして半ば予想できそうとはいえ、遊戯の言った十代が忘れてるものとは一体・・・。

あーついにGXも終わりかぁ。
5D’sも楽しみとはいえやっぱり寂しいなぁ。
来週有終の美を飾れるか、とっても期待。

拍手

CATEGORY[GX]
CO[2]: TB[0]top
【2008/03/19 22:38 】

GXアニ感。
いよいよGXも残り数回。
十代たちとのお別れのときも迫ってきました、5D’sはGXから数十年後の世界だから出てきてももうおじさん・・・;
今週は目下最大の敵のダークネスとの決着。
・・・・・・余談だけど、5D’s主人公の遊星って受けっぽい(カエレ


先週の段階で何とか有利に立った十代だけど、さすがはラスボス。
すぐさまダークネスアイやらダークネスシードだっけ?やらを展開。
自ターンエンドにライフ全回復とかいうとんでもチートカードで、さらには0と∞のコンボも再回転。
挙句の果てにはこいつらの能力を受け継いださらに上行くチートカードを展開し、再び十代大ピンチ。
そしてダークネスは十代に語る。
自分は人間の未来の姿であると。

地球上を蔓延る人類は各地で無益なテロや争いを繰り返し、地球全体を脅かす存在となった人間。
その人類の未来は、間違いなくその破滅。
映し出されたビジョンは荒廃と化した都市。
そして人類はすべてからの開放を望み、あのような存在になり得ると。

それでも十代は信じた。
仲間を、そして人間すべてを。
確かに人類は自分勝手で無益な争いを繰り返しているかもしれない。
それでもまだ、自分たちの未来を諦めるわけには行かない。
未来は自分たちで切り開くものだ、だって自分たちはまだ何も出来ていないんだからと。

ちょっとマジメな話だけど、今回のこの下りは単なるアニメの一説で終わらないんじゃないかな。
特にダークネスの話した人類の下りとか、今の現実世界が直面している事態そのものなんじゃないかと思う。
アニメではカードを信じることが、って事になってたけど、やっぱり信じることは大事なんじゃないか。
もちろん過信はダメだけど・・・、それでも未来は自分で切り開くこと。
友を信じ仲間を守り、一つ一つ進んで行くこと。
今週のGXは視聴者ー人一人に訴えかけることがとても大きかった。
終幕を前にこの話を使ったのは、個人的には好印象。

アニメに話を戻すけど。
そして闇の世界にいる人々は、遊城十代という一人の人間の声によって目を覚ます。
まだまだ自分には出来ることがあるんじゃないかと。
そして世界にはまた人々の姿が。

ダークネスの力も弱まり、こうなればもう十代のペース。
究極コンタクト融合でGネオス降臨。
さすがに現実で6体(ネオス入れると7体)のコンタクト融合はきついと思われそうだけど、最後に出てきた効果では6体のNは墓地でもOKとの事。
さらにはターン終了時になってもエクストラデッキに戻らないみたいで、専用デッキを組めば出せるんじゃないかな。


何はともあれこれで世界は元通り。
来週はいよいよDAを卒業。
・・・・・・だけどダークネスは十代に、そして人類に大きな投げかけを残した。
この答えは今後の別の物語、そして現実世界の一人ひとりが見つけていかなきゃいけない。

拍手

CATEGORY[GX]
CO[0]: TB[0]top
【2008/03/12 22:09 】

GXアニ感。
いよいよ黒幕のダークネス登場。
にしてもその姿は死神や死霊というよりも正装時の幻影騎士団みたいだ(えー
ほら、なんかあんな感じの仮面つけるじゃん?(ぁ
にしてもせっかくのヨハ十のイチャコラを邪魔するとは(ぁ


世界各地でデュエルモンスターズと関係ない人まで消えて行く始末。
世界の人たちは皆私の世界にいるよ、それが皆が望んだことと。
そういうダークネスを十代は否定する、かつて闇に墜ちた人間として一人の人間として。
にしてもこのダークネスが言うこと、どっかで聞いた事あるよーな・・・。
あ゛、人類補完計画か(えー

そして皆を取り戻すために、自分を証明するために戦いを仕掛ける十代。
闇の世界を統べるものがデュエルに応じるとはこれいかに(ぉ
まぁあの世界じゃ、全ては1枚のカードから始まったってゆーくらいだから仕方ないか。
しかし凄い設定だ(ぁ


いきなり5伏せするダークネスだけど、それなんてチートカード(えー
フィールド魔法出すだけで+5アドとかなんですか・・・。
見事に零と無限の術中に嵌っていく十代。
反撃しようにも攻撃は止められ、相手は高レベルモンスターでガンガン攻めてくる。
そんな状況を救ったのは、

ユベルゥーー!!(ぉ
魂を共にするユベルが久々の登場、抜群のサポートで形勢逆転。
普通ならカードとしては十代デッキには不向きだろうけど、アニメ効果に加えてライフ4000なら採用も納得。
ただボクも居るよっていうのにはもちろん同感だけど、ファラオと大徳寺センセーも居るんですよ(ぁ
一度は敵に奪取されるも二人をつなぐカードであろう超融合で取り戻してって。

・・・・・・ネオスと融合したよ;
いやNAS見てるから知ってはいたけど、実際目の当たりにするとなんか・・・。
ダメージ効果と回復効果でライフ面でも優勢に。
にしても相棒のハネクリボーあっさり捨てやがったぜ:;y=_ト ̄|○・∵. ターン



来週はVSダークネス後編。
現況は十代が優勢に見えるけど、0と∞は残ったまま。
それに何よりもダークネスがこのまま大人しく負けるはずも無く。
CMで遊星が出てたけど、5D’sまでラストスパートって事で。

拍手

CATEGORY[GX]
CO[0]: TB[0]top
【2008/03/05 23:17 】

GXアニ感。
VS藤原の続きな訳だけど、オネストのおかげで藤原の過去が明らかになることに・・・。
過去に自分をおいて姿を消した両親、それ以来彼は自分が忘れられるんじゃないかって不安を持つことに。
ヒトが信じられなくて、でもどこかで救ってほしくて・・・。
リアルでもそーゆー事あるんじゃないかなって思います。

そうして十代とヨハンの絆を見せ付けられた彼は、自分が正しいんだと信じたいために彼らを争わせる罠を貼る。
それでも彼らはその罠を乗り越えて、さらにはヨハンは自ら犠牲になって十代を信じて・・・。
そんな姿を見た彼にはようやく己の本心に気付いて、そしてオネストが彼を導くことに。
「ボクはマスターをずっと覚えていましたよ」 と。

まぁ本編はそんな感じでデュエルはというと、クリアーヴィシャスナイトは切り札というよりはマリシャスエッジみたいな立場で。
それよりも属性重力と属性変化が強烈、バトロイであのコントロール能力は、ね。
自分は属性無で高みの見物なわけだし。
それでもレインボードラゴン降臨で、どうにか場をリセット。
決定打を持ってるのはオネストを握っている十代だとして、彼を生き残らせるために肩代わりするわけだけど、レインボーを墓地に置くのもやはり布石か。
しかし好敵手の名前って、リアルで生かせる機会はやっぱり融合関連のときくらいだなぁ。
最後に虹ネオスでオネストまで使ったのは藤原を目醒まさせるためとはいえ、明らかなオーバーキル。
普通にネオス+オネストで(ぁ


来週はいよいよ黒幕登場。
学校で一人きりって学校の怪談?(違
実質大きいデュエルではGX最後になりそうな。




GX感想はこれくらいで、今日は一応GW20弾発売。
予約したところに届くのが明日だから、私の手元にはまだないけど。
ヤフオクとかでは既にレアの画像がちらほら。

んでヴァーチェが強い。
4国で防御6って堅さもさながら、範囲兵器4でさらに配備エリアも焼ける。
専用機になるティエリアセットだと、4国ながら7/0/9で範囲兵器5とかもう・・・。

青はガンダムがピックされてたけど、これはコレでありなのかな。
ハリソンは文句ないとして、EX-Sも専用デッキだとなかなか強烈。
アムロも青にしては珍しい攻撃的なテキスト。
19弾アムロといい、そこそこ使いやすいアムロが増えてくると選択を悩ませてくれる。
確固たる一歩もエースの奮闘の亜種って感じで。

緑はイナクトだけと思ったらパイロットのコーラサワーもなかなか強かった。
防御修正が0なのが、逆に相打ちにされやすくなってる。
シャアゲルも予想通りの性能で、テキスト一新の赤い彗星もなかなか。
青もそうだけど緑のヴァリュアブルも(1)ながら他色。
高機動で最後の一押しってわけで、これも重爆撃機の転用の上位っぽい位置づけで。

黒はカテジナーシャッコーは鉄板。
暗殺もキャラ割とは正反対のテキストで一新、ゴトラで割れないカードはこっちでってことで。
あとはタイムリミットがリセットカードってことくらいで、専用デッキ行きかな。

赤はサイコミュにテコ入れ。
キュベレイもそうだし、プルキュベも効果耐性つけるのはサイコミュデッキにはありがたい。
気になったハー様の効果はサイコミュデッキ向け。
サイコミュデッキで並んでくると良い感じで相手ユニットを無力化できる。
ただプリベント(3)はいただけない、カミーユが7でシロッコが9なら最低7はほしかった。
後は密約も1国重い代わりに3枚見れる。
事故予防にはなりにくいけど、デッキによってはこっちも有りかな。
ターン1枚制限の割にはタイミング常時・・・。

茶はデビル3のサイズが・・・。
ここまで効果が豪快だと専用デッキを組みたくなってくる。
ローズも本気で16弾の無印がかわいそうになるくらい使いやすくなった。
ディバイダーはユニットもなかなかだけど、パイロットのジャミル。
AW中の攻撃手段が増えた感じに、白茶AWPSとか?
ヴァリュアブルが単純にアド取れる以上に、白と茶で他色ヴァリュアブル登場。

白は今更ながらエールストライク。
キラセットだとなかなかだけど、そのキラをサーチする手段が;
そのキラもPS(X)に対応してないし、対応してたら鬼だったけど。
こいつらは単体で使うよりは量産ストライクで使う感じで、同弾にストライカーパックっていう専用サーチカードもあるわけだし。
後はストフリミーティアはちょっとオーバーキル気味。
アンドリューガイアは今後の環境変化に期待ってことで。

ラストの紫はヴァーチェとキュリオス以外だと、GN粒子。
回復量は減ってくけど、混色で配備ユニット守れるのはなかなか。
介入行動も危険な香り、GW版ずっと俺のターン的な?(ぁ


アンコやコモンはまだチェックしてないけど、明日とりに行くのが楽しみかな。
PTDNの発送通知が来てないから、結果的にGWの方が先に手元に来ることに;

拍手

CATEGORY[GX]
CO[0]: TB[0]top
【2008/02/27 23:32 】

GXアニ感。
今日からいよいよVS藤原。
カードについては藤原も今まで使ったカードしか使ってこない。
ヨハ十側はいつもより罠が多いけど、それでもいつも通り。
・・・こうなることを予測したみたいなパートナー援護カードもあったけど。

やっぱりヨハンと十代のコンビは連携が強くて、藤原でも苦戦。
十代はユベルの力で鉄壁と見るや、ターゲットをヨハンに絞る藤原。
き、きさま、ヨハンに手を出すn(自主規制
あえて自分が不利なバトロイにしたのも心理戦を見込んだからでしょうな。

一度はヨハンの心の闇を掴んだように思えた藤原だけど、見事なお芝居で回避されて。
いつから十代はヨハンの芝居が分かったんだろ?
最初からだったら見事な演技だなぁ、番組の都合とはいえ(ぁ
まぁこんな簡単にヨハンが堕ちるのも怪しいとは思えたけど。

それでもライフ的にまずい状況になりつつ、クリアーバイスドラゴン登場。
さすがに戦闘面では勝ち目のないこのモンスター。
どう対処するのか、これが来週の見どころその1かな。

来週はいよいよ決着っぽくて?
レインボーネオスと、クリアーヴィシャスナイト?
虹ネオスはともかく、ヴィシャスナイトが藤原のエースカードみたいで。
そろそろ黒幕が出てくるか・・・。





んでリアル遊戯王。
そろそろ新パックの情報も出てきたみたいで、必要そうなものをチェック。
前回のPTDNがけっこう良かった分、今回はちょっと少な目かな。

・アルカナ・フォースⅩⅩⅠ‐THE WORLD
アルカナデッキは作らないけど、ヴァルハラ使う天使デッキ用に1枚。
シングルでOK。

・黄金色の竹光
竹光もってる分集めとこうかな、ノーレアなのが難点。

・リミットリバース
リビングデッドの後釜のスーレア永続罠。
ディスクやダンディを蘇生できる時点で○。
この中じゃ一番ほしいかもしれない。

・クロス・ポーター
ノーマルだから適当に。
ネオスペーシアン型のダムルグデッキに。

・ライトロード・ビースト ウォルフ
推理ゲート用。
レアリティ低そうだし。

・ダークバルキリア
普通に天使の下級アタッカーとしては悪くない。
いっぱい集まったら予定通りmusimaroさんに寄贈かな。

・ダッカー
スーレア枠ではなかなk欲しい所。
レベル4限定とはいえ、リバースで回収効果は十分強いはず。

・リボーンリボン
色々と悪用できそうで前からほしいと思ってたけど、ノーレアかぁ。

思ったよりも多そうだけど、スー以上は3枚。
今回もノーレアにほしいのが多い分、パック購入はあんまりしないかな。
最初に5パックくらい買ったら打ち止め方向で。


後は蘇生入れてデッキ廻してみたけど正直ヤバイ。
今まで以上に混沌黒が強烈、出たら負けフラグといっても過言じゃない。
現状のアムホ3、埋葬、DDR、蘇生入れてるデッキだと、1デュエルで3、4回出てくることはザラ。


てか、まず間違いなく今回の制限改定や新製品でプレイヤーは減るでしょうねぇ。
アーケードとかなんかずれた方向に進出するし、大会出れば1キルばっかり。
そして大会で使われてるよくカードはアムホ、賄賂、幽閉、ディスク、バルバ・・・。
ディスクはともかく、残りは使うなら3積み十分ありうる限定高レート。
帝ストラクみたいな例はあっても、新規参入の壁は分厚い。
ほしいなって思ったカードは限定でもうレート¥2000~ってこともしばしば。

だけど既存のプレイヤーで文句ばっかり言ってるのはちょっと疑問かな。
資産ゲーとかブーブー言うやつは論外、お金の事情で仕方ない小・中学生はともかくね。
確かに最近の高レートパワーカードの連発はこたえるけど、遊戯王って元々こーゆーもんじゃなかったっけ?
古くは死デッキやハーピィ、キラスネ、破壊輪。
余裕があるとまでは行かないにしろ、それなりに資金的に購入の機会のあるプレイヤーが資産ゲーだって抜かすんなら、端からこのカードゲームに向いていないとしか思えない。
遊戯王は他のTCGに比べて限定系の入手が大変で、限定系がデッキを組む上で重要なカードゲームだって言うのは昔から明らか。

さらにいえば高額カードを使わなくても勝てないわけじゃない。
もちろん持ってるほうが有利なのは間違いない。
単純なカードプールの差、つまり限定系持ってる方がより多くのデッキの選択肢があるわけだから。
それでも勝てるデッキは確かにあるわけで。
例えばパキケガジェ。
もちろんガジェデッキな分、幽閉や賄賂はあれば入れたい。
でもこれらはなくてもいけるはず、幽閉→炸裂でOKだし、賄賂は最悪神宣3に絞ればいい。
何より私のガジェデッキで幽閉3を炸裂3にして1差しだった賄賂を抜いても、デッキレベルはあんまり変わらなかった。
とあるそれなりに大規模な大会で、幽閉や賄賂ゼロのガジェデッキで入賞出来てたのは何よりの証拠。


限られた予算で構築を考えるのも遊戯王の醍醐味の一つじゃないかなと思う。
そうやって考えていってどうしても高レートでこれが必要!ってのが出てきたら、そこで始めて入手。
お金もないのに使いそうだからって何でも入手しようっていうのに問題があると思う。
ガチプレイヤーを名乗るなら、自分に限られたカードプールで最良の構築をしようと努力はするよね?
私の周りにいるとある強いプレイヤーでなおかつデッキ構築やプレイングで私が目標にしてる方は、ホントにカード持ってないです。
月の書とかリビングとか、カードが物質的に使えなくなる一歩手前のレベルになるまで使い込んでます。
賄賂とか幽閉とか全然持ってないです。
それでも高レート持ってる側に勝っちゃうのは金銭面以外の点で挽回しようと努力してるからなはず、本人否定するだろうけど。
周りでそうやってかつては日本ランクベスト50以内に入った人がいる身だと、資産ゲーとか言って努力をしない人間がホントにむかつく。


次の環境は既存の概念を変えるようなカードが出ないと1キル系や厨デッキの天下になるのは確か。
だから私も大会に出たいとは思わない。
それでも資産ゲーを言い訳にばかりする人間。
自分はガチプレイヤーだから大会出たいけど1キルばっか、だけど今更身内だけで楽しむようなガチから手を引くようなことは出来ないし、限られたカードプールでデッキ作るとか考えたくないとかいう人間。
正直、すべてがわがまま。
とっとと遊戯王辞めるべきでしょう。
というかそこまでマイナスしかいえないなら、遊戯以外でも他のTCGにしても他の遊びにしても何やっても長続きしないような気がする。


以上いくつかの遊戯関係のブログ見た感想も交えて。
相変わらず愚痴っぽくて申し訳ない。
まぁ別に誰がやって誰が辞めるかは自由だけど、一人で勝手に辞めてくれと言いたいかな。
私のトコみたいに来る人が限定されてるとこならともかく、ある程度遊戯やってる人間が集まるトコでそーゆーマイナスなことばっか書くと周りの士気ややる気まで間違いなく下がる。
辞めるなら周り巻き込むなと言いたい。

そーゆー私は今までと変わらないかな。
大会に出る気は今も昔もない人間だし、デュエルは道楽程度にたしなむ程度。
元よりデュエリストというよりコレクターな訳だから、別に今までとか変わらんと思う。
元々遊戯王にしろGWにしろ、友人とのコミュニケーション手段の一つくらいにしか思ってないわけで。
プレイヤー減るのは寂しいけど、それはTCGやってる以上どのカードゲームでも来る事態。
それが今遊戯王に来てるんだくらいにしか捉えてません。
・・・・・そのまま潰れちゃったTCGもあるわけだから、そこは1プレイヤーとして心配だけど。


明日はVジャン発売日。
一応バルバUr使うデッキもあるから、3抑えようかなぁ。
原作で合体前に当たる神機王ウルが、赤鬼とセットで次の定期購読特典なのはちょっと吃驚かな。

拍手

CATEGORY[GX]
CO[0]: TB[0]top
【2008/02/21 01:26 】

GXアニ感。
先週の引き続きで吹雪さんVS藤原。


あいかわらずクリアモンスター主流で挙句には専用フィールド魔法で有利に立つ藤原。
それでも吹雪さんは藤原が人間の可能性を捨ててしまったと訴えるけど、一方でどんな形でも藤原が生きていて良かったと安堵する。
まさに男の友情だろうけど、これで吹藤(むしろ藤吹?)ってジャンルが出来たような(ぁ

どうにか有利に立とうとする吹雪さんだけど、クリアー・バイス・ドラゴン降臨で状況はさらに悪く。
さらに追い討ちをかけるように万丈目、翔、明日香さんの心の闇を見せ、吹雪さんの心の闇も覗こうとする藤原。
だけど、吹雪さんはそれに屈せずに立ちあがり・・・。
装備カード3連発で畳み掛ける藤原に真紅眼で対抗。
攻撃できないって時点で予想は出来てたけど黒炎弾で応戦、さらにレッドアイズ限定の破壊輪で相打ちに持ち込んで、自分の犠牲で藤原を救おうとする・・・。
なんか感動的だなぁ。

・・・って、ここまで吹雪さんの心の闇を見てただけかYO!(ぁ
夢落ちならぬ回想落ちでクリアバイス降臨まで巻き戻し。
そしてクリアーバイスには効果耐性があって、一気に勝負が付くとか;
にしても今週の藤原は、斎王も吃驚のすごい顔ゲーだったなぁ(ぉ


来週は十代とヨハンが藤原に挑む。
バトロイといいつつ藤原袋叩きと思ったら、ヨハンの心の闇を探すつもりか!
ダメだ、そんなの私が許さん(えー
ヨハンに穢れたところなんてないんd(黙れ

拍手

CATEGORY[GX]
CO[0]: TB[0]top
【2008/02/13 22:53 】
| HOME |次のページ>>

忍者ブログ [PR]