忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CATEGORY[]
top
【2019/10/16 18:35 】

8月の繁忙期の反動で、9月は比較的休みが貰いやすく。
今日はとうらぶのスリーブやらデッキケースやら回収。
ぶっちゃけとうらぶは嫌いなキャラは誰も居ないけど、このペースで展開されるスリーブを全員回収するなんてとても無理なので、予定通り獅子王と浦島のみ。
アニメイトやらは知らないけど、カードショップではあまり売れ筋な商品でもないから回収は楽。


ついでに発売から1ヵ月経ったのでネクステージの状況見に行ったけど、他の新弾のカードが順調に落ち着いていっている中でほぼ発売日のまま。
もしくは売り切れている場合が殆どっていうね…、まぁヴァンガG2期もクロノジェット続投って情報が出たから仕方ないか。

それでも何とか1枚だけ相場よりもだいぶ安く買えて、残り1枚。
売り切れていないところは¥8200と論外だったのでまた当面お預けかと思いきや。
地元に戻ってきて、まさかの地元のカード屋で安価で売っていて無事に2枚揃いましたとさ。
発売日には¥7800とかで売ってたのに、よく短期間で¥5400まで下げてくれたものだ。


ともかくこれで一番のネックだったネクステージが揃った。
相場よりも安く買えたとはいえ、それでも諭吉さん1枚以上の出費。
それでもこの時期に買ってしまったのは、クロノジェット続投が決定して再録でもない限り大幅なレート低下が望めそうもないこと。
そして遊戯のバーニングアビスが保留濃厚なのに加え、今月のヴァンガコミックブースターへの出費も怪しくなってきたこと。

公式今日のカードでブラブレもといアーメスが公開されたけど、彼がRRRのNo.004だったせいでGRが根絶者でほぼ確定に。
身内で使い手がいることもあって個人的にちょっと下火だった根絶者なので、再興にGRが必要となると解体の可能性が出てきた。
残ったRRRは番号的にロイパラなのでポスターに乗ってるG4が濃厚、よってコミックブースターの出費はほぼこれのみの可能性が高い。
勿論こいつが汎用カードで高レートになってしまう、あるいはGRの根絶者が名称関わらず使える汎用カードだった場合は話が変わるけど。

それでも当初の予定よりは下方修正になりそうってことで、ネクステージ確保に。
まぁ身内でギアクロは私だけってのも大きいか。
主役が確保出来たのでこれでようやくデッキ解禁、調整に移れそうだ。

拍手

PR
CATEGORY[ヴァンガード]
CO[0]top
【2015/09/04 23:18 】

発売後最初の大会では今までの環境組連中に加え、チラホラと新弾組の参戦も見えたヴァンガード。
定例通り、新弾後の各クラン雑記。


・ロイパラ
CB要らずで展開でき、打点補助も出来る超越アルトマイルはやはり有用。
ギアクロほどではないけど超越札の層が厚めなので2枚採用がいいところだけど、その1回が大きい。
積極的にフィニッシュするほどではないけどある程度のプレッシャーもかけたく、アドバンテージも稼ぎたい時にはぴったり。
どの軸のロイパラでも無理なく採用できるだろう。

その他、アルトマイルやサンクチュアリで有用なカードも数枚追加。
聖域の射手の登場で、サンクチュアリ軸はそーどみーが今後規制されても十分なR要員は手に入れた。
ピールはアルトマイル軸、バトルソングエンジェルはサンクチュアリ軸で後列要員として採用圏内。


・シャドパラ
オーラガイザーダムドの追加に尽きる今回のシャドパラ。
基本的に2手目に乗ることになるけど、アドバンテージを稼ぎながらプレッシャーもかけられるのは大きい。
コストとGゾーンのスペースから運用は1回が適当だろう。

問題はGゾーンのスペース以外に、このカードをPBDiと併用する事で起こる超越回数の減少。
Abyss軸のように別の勝ち筋があれば良いけど、攻め手を超越に頼るデッキの場合には注意が必要。
よってPBDiの枚数を減らすか、ダムド不採用のパターンも大いにあり得る。


・エンフェ
Gゾーンはラファエル4、ラジエル1、ウリエル1まで確定、残り2枠をクリエレメンタル含めて調整。
守護天使による脳筋打点ビート一辺倒はようやく終焉。
ラファエルの登場で、このクランを相手にするには実質8ダメージ与えないといけない、高防御力クランになった。
ノキエル等過去のカードとの噛み合わせも良いガウリール中心の非名称軸、双闘2種になり超越以外の勝ち筋もある守護天使どちらもやっていける。

のらりくらりやっているとその耐久性からどんどん相手は不利になっていくので、ラファエルが出る前に試合の大勢を決める動きも、相手にする側からすれば大いに視野。
つまりエンフェ側もそれを念頭に入れて動かないといけない。
黄色いクランにしては自分のカードアドバンテージを稼ぐのが苦手で、一撃で状況をひっくり返せるようなカードもないので、序盤の動きは一番の肝。
それさえ乗り切ればお得意のダメージゾーンを使ったコントロールを大いに生かしていけるだろう。
守護天使軸は双闘も合わせた動き、非名称はガウリ―ルとブロークンハートの高防御力高打点が光る。


・ジェネシス
Gゾーンはヴァナルガンド4、ドゥームブレイズ2、ディオネ1、自由枠1。
自由枠は神器軸ならデメテール、フェンリル中心非名称ならクレイエレメンタル含め調整。
相変わらずソウルを貯め込み、それを消費して動いていくクラン。
神器軸なら高打点のVアタック、非名称や白魔女ならSBしたカードをRに出したりR強化したり。
超越以外にミネルヴァとユグドラシルの勝ち筋のある神器軸が主流かと思いきや、フェンリルでアドバンテージが取れてそこからヴァナルガンドに繋げる非名称軸もまずまず。

エンフェ同様お膳立てが整う前に大勢を決められるのが苦手なので、序盤の動きはしっかりと。
幸い序盤から展開しながらSC出来るカードは増えてきたので、うまく生かしたい。
ヴァナルガンド、神器ならユグドラミネルヴァが控えているから、ワンチャンスを持っていける力はある。


・ネオネク
超越アーシャは超越アルトマイル同様に展開と打点補助が両立できる有用なカード。
今までのネオネクは展開のプリマヴェーラ、打点のジングルフラワーと状況によってどちらか選ばないといけなかったので、その美味しいとこ取りができるアーシャは単純に強い選択肢で。
しかもジングルフラワーはともかく、プレマヴェーラがかなり重いコストを要求してくるのに、アーシャはCB要らずでとても使いやすい。
ぶっちゃけ今のネオネクの選択肢的にはフル投入で問題ないレベルだろう。

デッキの軸は非名称軸も今回の追加で少しはまともに動けるようになったけど、速攻も出来る銃士が相変わらず最有力か。
尖った利点が少ないので、速攻耐性があるってのは大きな棲み分けのポイントになれるし。


・メガコロ
Gゾーンはスタンビートル2~3、ジャギーデビル1、パラスピアー1。
マシニングならここにデストロイヤーを2~3、非名称なら各カード増量か。
今まで以上にいやらしさが増したこの悪役クランは、分かりやすい妨害が得意。
最有力のマシニングは新たに双闘をもう1セット、待望のトリガー各種をもらえ、非名称もダークフェイスや脇を固めるカードも増加。
惜しくもFVの選択肢のみあまりパッとしないけど、それでも最低限はある。
相変らず費用面も比較的安価なのも嬉しいポイント。

どの軸でもVスタンド封じをちらつかせていく事ができるので、その圧力を背景に自分のペースへ持ち込みたい。
やはり有力なのは超越以外の勝ち筋があり、展開力もあるマシニングだろう。
超越もデストロイヤーって選択肢が加わるのも大きい。
非名称もそこそこ動けるし優秀なカードもあるけど、どうしてもワンテンポ遅れがち。
スタンド封じは直接的にカードアドバンテージを稼げる手段ではないから、相手の準備が整う前から仕掛けていきたい。


・ギアクロ
これまでのラグナクロックっていう分かりやすいフィニッシャーに加え、ネクステージっていう強烈なカードが加わった。
参照ハーツは現状のギアクロメインVのクロノジェットで、バリフのおかげで確保は容易くなった。
現状ではこの2大フィニッシャーにいかに繋げるかが焦点になった。

相変わらず超越する以前の動きに弱い点は変わらない。
が、バリフ、アップストリーム、カリブムと脇を固めるカードも少しずつではあるけど増えている。
アニメ2期でもメインクラン続投がほぼ決定的で、今後への期待も大きい。

現状の課題は速攻耐性以外に、Gゾーンの取捨選択。
実戦レベルのGユニットが非常に多く、8枚に絞るのは一苦労。
また高額カードのネクステージを最低でも2枚揃える必要があり、一気にブルジョワデッキになってしまった事も。
やっぱりGRが同名参照ってのは頂けなかった。


総じてヴァンガGになってからの御多分に漏れず、強化を貰ったどのクランも最低限は戦える仕上がりに。
今後のさらなる追加が既に判明してるクランもあるし、最低限年末のファイコレでテコ入れは期待できる。

ヴァンガードにおけるCSっていう環境は一部連中が牛耳っていて正直あまり良い印象はない。
が、公式イベントや各ショップレベルになると思い思いのデッキを握って楽しんでる人も大いに見かける。
確かに一時よりはだいぶ衰退してしまったことは否めないけど、自分の使いたいカード、使いたいクランで楽しみたいっていう場合には、カジュアルレベルでは比較的良環境になりつつある。

あとはそれが許される環境が各個人レベルであるかどうか。
プチヴァンガ祭のような形で各地を回ってもいるようだし、今後には期待したい。
身内でもヴァンガG以降の強化が回り始め、そろそろ身内向け大会を復活できそうだ。

拍手

CATEGORY[ヴァンガード]
CO[0]top
【2015/08/30 23:35 】

日付変わって、昨日とは打って変わって再び涼しくなったヴァンガ新弾発売日。
今回は前回のとうらぶコラボの時と違って3人旅でスタート。


現地には10:00過ぎとおおよそ定例通りに到着。
今回は全員パックを剥く気がないのでいきなり各カードショップでシングルレートを見定める。
昨日の時点でどれもなかなか高めのスタートだったけど、当日になってもそれは変わらず。

お目当てのネクステージは当日も¥7800と、予算的にも想定レート的にも余裕でオーバーだったので早々に諦める。
かなり高騰しているように思えるけど、それでも売れて次見た時に¥8000に値上がってるとかもう、ね;
レートが落ち着くまで入手は保留に。


ネクステージを買わないとなると一気に予算配分がやりやすくなり。
とりあえずヴァンガはネクステージ以外、オーラガイザーダムドとアルトマイル、その他R以下収集して終了。
浮いた予算は、最近よくやるようになっているヴァイスシュヴァルツの艦これデッキ2つ目に。
当初はここまで組むつもりはなかったんだけど、友人2人から高額カードの島風を2枚ずつ計4枚誕プレとして頂いたことでデッキの軸が青黄で固まり、余った赤緑でもう1つデッキを組む事が現実的に。
足りないパーツも冬のひととき暁以外は安価なカードばかりだったので、ネクステージが浮いた予算があっても全然使わずに済んだ。
その他友人への誕プレやスリーブの補充をして、残りの予算は来月に繰り越しへ。


ヴァンガ新弾のレートは前日の通りで、シクパックを除けばネクステージがダントツ。
通販では夜になって¥6000台まで落ち着いてきてはいるけど、ショップでは¥7000↑が当たり前。
もう1枚のGR、オーラガイザーダムドも¥3500~¥4000と高額なので、今回パックを剥く場合にはGRが引けるかが大きな分かれ目。
RRRではアルトマイルとラファエルが¥1000弱と双璧で、そこにヴァナルガンド、アーシャ、スタンビートルの順で続く。
RRは相変わらずまともに値段付くのは完ガくらい、それ以外はかなり悲惨。
サブクラン多めで収録クラン複数手持ちの人は限られるから、自ずとシングル安定になってしまう。
GRの高騰はこの辺りもあるだろう。


ネクステージを入手しなかったので、デッキの調整は少なめ。
っていうかメインデッキの調整するものがほぼ無く、Gゾーンを数枚弄った程度。
2つ目のロイパラにそろそろそーどみーを解禁してあげようかとも考えたけど、まぁそれはおいおいって事で。

拍手

CATEGORY[ヴァンガード]
CO[0]top
【2015/08/28 23:34 】

ここ数日はそれまでの猛暑が嘘のように涼しい日が続いて。
正直涼しいどころか寒いとさえ感じてしまうレベルで、長袖を解禁したりと気温についていこうと四苦八苦。
が、今日になって再び暑さが戻ってきてしまい、束の間の涼しさだったって事だろうか。


さて、明日はヴァンガ新弾の発売日。
ぼちぼちヤフオクで出費されていて先行分レートが出始めている。
が、正直そのまま子のレートを見るならかなり今回は高め。

まず目に付くのはGRの高さ。
基本的に1枚採用になるだろうオーラガイザーダムドですら¥4000近く、最低でも2積み、ともすればフル投入も厭わないネクステージは¥8000近い末恐ろしいレートになってしまっている。
結局前回からGRの封入率は変わっていないってのもあるけど、バミューダのオリヴィアを彷彿とさせるような事態で、これは明日はネクステージの入手は保留になる可能性は極めて高そう。
予算的にもレート的にも、¥8000弱×2枚は手が出ない。

RRRも比較的値段が付くカードが多めで、ランブロスほどではないけどサブクランのカードの割には値段が張っている。
高いのはアルトマイルとラファエルが双璧で、そこに残りのRRR超越が続く感じ。
まぁアルトマイルは先日全国獲ったロイパラ、ラファエルは分かりやすく強いフル投入カードだからこのレートはやむを得ない感じ。
RRは各種新完ガが高めといつも通り。

そして3カートンで1パック封入と、もはや存在自体無視した方が良さそうなシクパックの中身は、1パックで入っている合計でレート¥30000近いとまさに大当たりパック。
しかしこのバージョンで万が一集める人が居たら、バミューダのSP収集よりはマシとはいえなかなかに骨が折れそうだ。
コレクターズアイテムとはいえ、基本的には下がらないうちに売却が得策か。
まぁヴァンガード自体そんな感じではあるけども。


というわけで明日のネクステージ入手はほぼほぼ赤信号。
まぁその場合は来月以降折を見て回収、明日はオーラガイザーダムド1枚とアルトマイル2枚回収して終わりになってしまいそうか。

拍手

CATEGORY[ヴァンガード]
CO[0]top
【2015/08/27 23:01 】

先週の遊戯SPブースターに続き、今週はヴァンガ新弾。
既に高レアリティのカードは出尽くしているので、後は入手枚数を決めるのみ。

今回私は手持ちクラン的にGR両方とも必要。
オーラガイザーダムドは1枚回収で済むからまだいい。
問題はネクステージで、バミューダのオリヴィア同様GRのGペルソナ持ちっていう禁忌を犯してきた。
能力も採用するに十分な疑似Vスタンドなので、レートはそれなりにしてしまうだろう。

デッキの最大値を考えるならネクステージは4枚回収しないといけない。
が、ギアクロは他のGユニットも優秀なクラン。
同時にネクステージはハーツ指定のカードでもあり、秋からのアニメ2期でクロノジェットが続投されるかは不明。
先週に引き続いて今週も…っていう予算面の制約も加味されて、2枚回収で無難なところか。


GR計3枚以外は、今回は新アルトマイルのみ。
こちらも優秀なカードだけど他のカードとの兼ね合いで2枚回収でちょうど良さそう。
RRはせいぜいアップストリームくらいなので、今回は入手するのが絞られている。
その他各クラン身内での需要はあるもののパックは剥かない方が賢明だろう。
よって予算は完全にシングルレート、もっといえばGR2種のレートで決まる。
うまく収まってくれればいいけど果たして…。



その他ヴァンガに関しては今日、全国大会後の制限改定内容が発表。
中身はだいぶ下火になったかげろうのカラミティタワーの規制のみ。
まぁ今期は特別目立ったわけではないから順当なところだろう。
優勝したロイパラのレガリアとそーどみーが候補に挙がったらしいけど、まぁ今月以降毎月何らかのパックが出る以上あまり規制しないってのは納得。
そういった意味ではまずまず納得な改定だったけど、どうせなら全く結果を残していないディメポリのローレルも2枚制限に緩和してあげれば…。

あるいは緩和しかなかったのは同日発表されたヴァイスシュヴァルツの制限改定と同じ方向性だったか。
ヴァイスの方は、今期大会上位で活躍した艦これ、ニセコイ、GF、ラブライブといったタイトルに規制は全くかからず、それ以外のタイトルの規制カードを大幅に緩和する改定になった。
まぁこちらはヴァンガと違ってキャラゲーの側面がある以上、必要以上の規制には元々あまり良い印象なかっただけに良かったんじゃなかろうか。

それでも、環境組に全く規制がなかったってのには驚きだったけど。
手持ちの艦これデッキがまさか何も弄らずに済むとは思っていなかった。

拍手

CATEGORY[ヴァンガード]
CO[0]top
【2015/08/24 23:09 】

月武士等からヴァンガ新弾その他の情報を。


月末の新弾の情報としては各クランのクロノジェット互換等が中心。
地味にロイパラはサンクチュアリサポートなんかも。

そして最も大きかったのはメガコロだろう。
もう1つのマシニング双闘のスコルピオMk2の性能は申し分なく、新完ガとシシルス互換も漏れること無く追加。
そしてアニメでもお目見えしていたクロノジェット互換のダークフェイスも十分強い。
そしてインパクトが最も強かったのはGペルソナのスタンビートル。
蛍丸に続いて2枚目のヒット時のGペルソナ能力だけど、ヒット時限定だけにかなりおかしいことが書いてある。
予想通りのVスタンド封じだけでなく、再ライドすら封じてしまうのでヒットした時のアドバンテージは途方もない。
嫌でもガードせざるを得ない強固すぎるガード制限で相手の疲弊が狙え、万が一ヒットしようものなら…な非常にいやらしいカード。
まさに悪役らしいといったところか。

来月のロイパラ&根絶者はポスターから1種ずつは超越札が来ることが確定。
能力次第では手持ちのリンジョが根絶者ではなかったとしても入手を視野に選らなくてはならなくなった。
ロイパラの方も同様で汎用札なら回収しないと。
9月は遊戯のEXパックに集中できるかと思ったけど、そうともいかないかも。

10月のアクフォEBも概要が。
ハイメのサヴァスがクロノジェット同様強化されるだけでなく、過去のアクフォユニットも順当に強化されるとの事。
メイル、テトラドライブどころかジノビオスまで強化してくれるらしいので、割と期待は出来そう。
封入方法がアレでレートが高騰していたカップルダガーも再録されるらしく、これは素直に嬉しいところ。


総じて、この3ヵ月はいずれも多少はヴァンガに出費することになりそう。
月末はギアクロとオーラガイザーダムド、来月は超越札次第、再来月はメイル強化で。
その次の11月の新弾は収録クラン的に、年末のファイコレは全クランだから当然、と年内は毎月ヴァンガード状態になってしまいそう。

拍手

CATEGORY[ヴァンガード]
CO[0]top
【2015/08/07 16:42 】

というわけで遊戯新弾発売の前日はとうらぶコラボの発売って事で、買い物に。
思ったよりも雨は酷くなかったけど、湿気が多くて蒸し暑くて。
午後には雨も上がってムシムシした嫌な感じも薄らいだけど、もうその頃には要は済んでしまっていたり。


まずは予約してあった2箱を開封。

SP:小狐丸

GR:三日月宗近

RRR:蛍丸
   一期一振
   小狐丸

RR:岩融 ×2
  石切丸
  獅子王
  和泉守兼定
  江雪左文字
  燭台切光忠 ×2

今まで2箱は悉くレートビリを引いてきた鬼門だったけど、さすがに余ったら処理に困るので予算的にも2箱にせざるを得ず。
正直期待はしていなかったんだけど、今回はそれを克服。
無事にGRを引けただけでなく、SPのおまけまで出た。
惜しくも本命の獅子王SPじゃなかったけど、まぁ当たるだけ有難い。
RRRで鶴丸が出なかったのは残念だけど江雪さんは1枚出たし、これ以上は高望み。

その後はシングルで回収していったけど、やっぱり展開量が少なかったから発売日に来てよかったと思う。
幸いにも多くの店でシングル展開自体はしていたけど、ショップ側で用意してあるシングル分が少なかったので割とギリギリ。
しかも思ったよりも購入してる人が、更には女性じゃなく皆男性だったのがまた…、男性審神者かそれとも…。
まぁ女性で買う人はカード屋じゃなくてアニメイト等のグッズ屋とかで買うんだろうね。


レートはGRの三日月がダントツで、バミューダのオリヴィアにこそ届かないものの¥4000以上と高額。
一方RRR以下は¥750程度の鶴丸、¥550前後の江雪さん以外は見るも無残な惨状;
まぁこればかりは需要層がアレな以上仕方ない、SP目当てで剥かれまくったバミューダとは全く別の形で低レートだらけ。
こんな赤字価格で捌いてシングル展開している各ショップには、今回ばかりは感謝。


一応デッキにはなったけど、正直実力は微妙なところ。
まぁゲームやってる記念品としてでも。

拍手

CATEGORY[ヴァンガード]
CO[0]top
【2015/07/17 23:38 】
| HOME |次のページ>>

忍者ブログ [PR]